栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

長いシーンにプレハブセーブ

イベントシーン作成中です。
長いシーンをツクるときは、
舞台を移動する直前にセーブ画面だして
セーブできるようにしておく。
1シーンツクる → テストプレー →
 次のシーンツクる → また テストプレー
とやるときに いちいち、全てのシーンを見ないで済むのが
メリット。ちょっとした時間の短縮になります。
また、1シーンごとツクっていくので
進んでいるって実感できるのもいいところかな。
で、長いシーン全体が完成したら
セーブポイントを出す命令を消しておく。
この作者のみがシーンの間で使えるセーブのことを
「プレハブセーブ」とこっそり呼んでいます。
建設のときに拠点として一時的に建てられる仮設住宅、
プレハブ小屋みたいな役割を果たすからです。

ただ、このプレハブセーブ、シーンの切れ目にしか使えない。
あるイベントの途中でセーブを作って、順番に動作確認はできない。
というのも、セーブが設定されたイベントでセーブした後に
そのイベントの内容を変更すると、そのイベントでセーブしたデータを
ロードしたときに、イベントの位置が全て初期状態にリセットされてしまう。
その結果、ロードしたデータは実際のイベントと異なる動きをしてしまう。
結局、その実際にどういう動きをするか知りたいときは
最初からやらないといけない。・・・これではプレハブセーブをツクる
意味がないわけです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/94-bc2e8c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad