栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

ツクール マップの差別化

womt20130523-3.png
前回の続きになります。
同じように 谷マップを3つツクってみました。
とりあえず、谷マップは完成ですね。
あとマップ作りは 3ダンジョンくらい。
そのうち、ラスダンはマップ数が増える予定。

今回は谷が完成するまでを書きます。
1つのマップだけで1つのダンジョンやフィールドが
構成されていることはあまりないと思います。
いくつかのマップで構成することになると思いますが
どれも同じようなマップになってしまう・・・
単調な、似たようなマップにならないように
自分の考えをここでまとめておきたいと思います。
まず、前回ツクったマップです。
map20130520-7.png
このマップができるまでは こちら(マップの作り方)から。

【マップ案】
・谷マップ
・比較的高いところにあるマップ。
・このマップより上は雪山になっている。
・なので、このマップにも雪が少し残っている。雪解けのイメージ。
・草はあんまり生えてない。岩がゴツゴツしている。

とこんな感じでツクったマップでした。
このマップ案とは一部分を変えたイメージを考えます。


【マップ案②】
・谷マップ
・比較的高いところにあるマップ。
・橋が横に伸びているマップ。
・山の背景が見える。
・横方向に進む。

そして、この案で完成したのがこのマップ。
womt20130523-1.png
縦長のマップが続いたら、たまに横長のマップを入れたりとか
背景が見えるようになったりとか
屋内マップが続いたら、屋外を挟んでみるとか
変化を加えます。

【マップ案③】
・谷マップ
・マップ内分岐が3つある。
・砂漠に近づいている。
・枯れ草が生えている。

そして、この案で完成したのがこのマップ。
womt20130523-2.png
道中マップの場合、目的地に近づくにつれて
目的地を匂わせるオブジェクトが増えていく。
砂漠なら、サボテン。火山なら、溶岩が流れているのが
チラチラ見える。
こういう近づいてきたという演出も大事だと思います。

ちなみにこのマップ、かなり複雑そうに見えますが
歩けるところに青い線を引くと・・・
womt20130523-4.png
思いのほか、単純な構造だったりします。
ちなみに紫の☆は宝箱です。

使うマップチップを変えるだけでも
印象が変わるように思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/79-f719ac3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad