栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

紅白RPG合戦2 感想・2

紅白RPG合戦2の感想、その2になります。
まとめてやりたかったので
複数やるまで筆を止めていました。
今回はこの4作です。

05シンフォニア 作者 月あかり様
11Lost Existence 作者 halca様
18Magical World Tales 作者 リンク様
20五つの鍵伝説-偉大なる宝の謎- 作者 桜刃様

あっさりめにしようと思っていたのですが
思いのほか、感想が長くなりました。
紅白RPG合戦2で感想を書くのはこれで最後にします。
05 シンフォニア 作者 月あかり様
プレイ時間 3時間16分くらい(外伝2作クリアまで)

とある森の小さな事件→プレイリュードの順でクリアしたら
無限ループしたので、そこまでの感想。
3つの作品で1つの話を描いた作品。
プレイリュード中心になるが
ボタンを押すと次の行き先が分かる会話が出るシステムは良いのだが
カレン一人のはずなのに他のキャラが出てきたりとか
長期間、2つの村に行くという内容の会話が出てきたりと
(村に行くだけではダメで、塔に行く必要があるのだが
そこまでは教えてくれない)
中途半端でちょっと不親切か。
ただ、シナリオはカレンの村を滅ぼした人物との対峙が
描かれており、そこは盛り上がるし、個別に考えを持って動く
キャラが印象的(特に水の精霊と、氷の精霊)
舞台設定もしっかりしており、滅びた村と隠された地下室は
一貫したテーマがある。
ただ、戦闘がややきつめで、シナリオの続きが見たいのにと
思うことがよくあった。
11 Lost Existence 作者 halca様
クリア時間 1時間12分

最初の設定は、2000サンプルのAbyss-Diver#0を彷彿とさせる。
どちらも舞台がSFだからか。
中身は全然違い、Abyssは暴走ロボや手配モンスター、エイリアンなど
どこかグロくもある異質な敵が襲い掛かってくるゲームであるのに対し
こちらは、会社員とか主人公と同じハンター、研究員が襲い掛かってくる。
異質ではあるものの、こちらはコミカルな”おかしなヤツラ”と戦う作品。
設定はよくできているものの、ちょっと説明不足、演出不足なところがある。
会社で会社員に突然エンカウントして戦うというノリは面白いのだが
立ち入り禁止のところに入る前に、覚悟するシーンは欲しかった。
後から侵入したと言われても、あまり実感がわかなかった。
それでも戦闘バランスがしっかりしており、比較的安定した作品。

18 Magical World Tales 作者 リンク様
クリア時間 2時間6分

過去にこの作品の体験版と、作者の過去作をプレイしたが
プレイしやすくなっている。
体験版ではもっと戦闘に時間がかかっていたけれど、
MPの消費が減り、防御で待つことがなくなったからか。
全体的にインスタントラーメンみたいな作品で
お手軽でテンポが非常に良い。
敵のある幹部が登場シーンから7分後には死亡するという
スピーディさからも分かるだろう。
ちょっとRPGやりたいなって思ったら、これを
オススメしたらいいんじゃないかと思うくらいサクサク進む。
ただ荒い部分もあって、ラスボスの顔見せ後、
戦闘BGMがしばらく、そのラスボスの曲になってたり、
ある町は西から入れるのに、東から入ると
西口が閉鎖されてたりとか。
エンカ率はやや高めだけど、敵が全体的に弱く逃げやすい。
ポイントを使って、スキルを覚えるシステムだけど、
覚えるスキルの違いが属性だけで
敵が人型が多く、何属性か分かりにくい。
その上、属性の強弱関係が分かりにくい。
作中で分かったのは、風が雷に弱いことだけだったと思う。
補助魔法もある属性のダメージを半減させるものしか覚えないが
この補助魔法、後半のボス戦でかなり役にたち、単調ながらも
この部分に関して、特に面白いバランスだったと思う。

20 五つの鍵伝説-偉大なる宝の謎- 作者 桜刃様
プレイ時間 7時間48分 (魔人の城まで)

ちょっと古めのシナリオをあまり重視していなかった頃のRPG
という印象がある。
ボス前にセーブポイントはあっても、回復はしてくれなかったり
本棚から次に行く場所の情報収集をしたりと。
後者は特にRPGとして面白い。
ダンジョンにギミックがあるのは
攻略を単調にしないためには良い手だが
風、光、闇のダンジョンにて
何をしているのか、プレイヤーに分かりにくい部分があり、
このあたりは改善の余地があるように思える。
戦闘は厳しい感じを受けた。
序盤は金欠で苦労するが、能力を上げるハーブが高く売れることと
ダンジョンにあわせた属性の武器を買うことで何とかなるのだが、
鉱山のあたりからは敵がかなり強くなる。
レッドスカルという海賊と戦うことになるのだが、
正直言って、彼らが強い。アジトのときは1人だが、
それ以降は2人以上で現れる。
しかも、複数で来るのに行動回数も多く、
そして、属性の影響もあり、かなりの高火力を誇る。
混乱を使うと、楽に倒せるのだが、
段々と、ボスをハメ殺すことがメインになる。
ボスが動くと、誰か死ぬバランスだったと思う。
ボスは行動回数が多ければ良いってモンでもない。
レッドスカル最終戦を過ぎた頃からは逆に
味方が弱点に耐えるようになってきて、少し楽になる。
バランスはこんな感じに思えたが
ザコを回避できるシステムや、ダッシュ速度が速いこともあって
行き来がそこまで苦にならない点は良かった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プレイお疲れ様です。自分もシンフォニアと五つの鍵はプレイさせて頂きましたが、シンフォニア、難しかったですか?自分はシンフォニアからプレイしたのですが難易度で言えばこのゲームが一番簡単に作られてるなと感じました。このゲームにはアイテムの引き継ぎ効果もあったのでそれが原因なのかもしれませんが

五つの鍵の回復薬は確かに高かったかもしれませんね、
自分もよく肉を買ってやり過ごしていたような気がします。
レッドスカルは強かったです、自分もこれ負けイベントじゃないの?って
作者である桜刃さんに聞きましたよ、よく味方が溶けましたw

  • 2013/03/10(日) 13:26:21 |
  • URL |
  • the89 #-
  • [ 編集 ]

the89さん、コメントありがとうございます。
シンフォニア・・・というよりもプレイリュードは
入隊試験で何度か全滅したり、図書館と脱出イベントで
苦戦したので、きつめに感じたのだと思います。

五つの鍵は薬よりも肉とりんごを買うことが多いと思いますね。
ハーブが高値で売れるのに気づいて、装備をそろえた感じです。
レッドスカルは味方になったときも「もう、お前らがラスボス倒せよ」ってツッコミたくなる強さでした。ここしばらくやったフリゲの中では
一番の強さを誇りながら、混乱を使うとカモと化す。
個人的にバランスには疑問を覚えたけれども、
プレイヤーにインパクトを与える強敵ですよね。

  • 2013/03/10(日) 17:44:03 |
  • URL |
  • J-tr #yh3wl5gY
  • [ 編集 ]

プレイありがとうございます。
そして、不具合申し訳ありませんでした。
会話システムは紅白直前に思いつきで入れたので入れたので十分検証しきれていなかったです。そしてシンフォニアではすでに崩壊しているという・・・

ループの件はthe89さんにも同じ指摘を受けたので現在、修正をさせていただきました(ver.2.07)。

戦闘に関しては、シンフォニアでは一部のシーンを除きアイテムをいつでも買える+持ち越せる+アイテムの値段がお手頃なので、アイテムを惜しみなく使えば割と簡単にクリアできると思います。
また、成長ポイントを攻撃にすべて振り分けるだけでもだいぶ楽になると思います(むしろそれ以外だときついかもしれません)。
また、アイテムを持ち越さず、シンフォニアから始めてもクリアできるレベルになっていると思うので、また、プレイしていただけるのであればよろしくお願いします。
最後に、改めてプレイしていただき、さらに感想を書いていただいてありがとうございます。
                                    月あかり

  • 2013/03/10(日) 21:28:14 |
  • URL |
  • 月あかり #wwltoB8U
  • [ 編集 ]

月あかり様、コメントありがとうございます。
コメントを受けてシンフォニアも30分ほどプレイしてみました。
攻撃力に成長ポイントを振ってみたのですが
船で全滅しそうになり、やはりところどころ、
難所があるという感じを受けました。
もう少し書くと、ちょっと敵が固いように思え、
そのあたりもこういったきついと思った一因かも
しれません。ただ、ちょこちょこと進めてはいきたいと
思います。

  • 2013/03/11(月) 00:08:43 |
  • URL |
  • J-tr #yh3wl5gY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/58-d6725d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad