栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

サムライ衰退記 主人公勢語り

WOMTは、今、スクリプトとデータベースいじってたところ。
あんまり、ネタがないです。
サムライ衰退記のキャラについて、あんまり語ってなかったので
今回は主人公勢についてちょっと語ってみる。
もちろん、ネタバレ注意! なので
クリア後に読むことを推奨します。
勝夫【まさお】
名前の由来は某5歳児のアニメから。
漢字は他の国民的アニメのキャラと読み違えるだろうな、と
面白がってつけたもの。
良家に婿入りすることで地位を高めようとするっていうと野心家っぽいけど
根がマジメなんだよなー。他に手段がないから、そんな手を使ってるだけで。
この人の中には理想のサムライ像があって、そういうのに憧れてる。
で、理想と全然違うサムライの実態にがっくりしている。
良家の娘さんってのもある意味の理想の存在だろうね。
そんな理想を追いかけてるキャラが現実を受け入れる、
これがシナリオのメインかな。
蟹吉を追いかけようとしたりとか、ラスボス相手に真っ先に
刀抜いたりと、きちんとケジメをつけないと気がすまない。
やっぱり、マジメなイメージあるんだよなー。

あやめ
作った順番だと、実はこの人の方が先。
いわゆる、ツンデレキャラ。
最初からこの路線にしようと思ってた。
忍者だし、本音も忍ばせているって感じで。
勝夫と口ゲンカするようになったきっかけみたいなシーンを
当初、神社の会話で入れようと思ったけど、カット。
エンディングで勝夫と抱き合っているところを
風祭と英吉がふすまの向こうから聞いてるシーンも考えたけどカット。
(それやったら、大人向けだし、服もラスボスに脱がされてるし・・・)
実はこの人、当初あったシーンが結構カットされてる。
代わりにツンデレシーンが増えていったという。
料理用意して、実は待ってたとか、
”好きだからしょうがないじゃない”とか。
しっとりとした話にしようかとも思ったけど
結果的にカワイイキャラになった気がするんだよね。

英吉【ひできち】
ねねとのカップリングで名前をつけたキャラ。
由来はねねの夫といえば、秀吉だから。
でも、この2人が夫婦にならないように漢字は変えた。
サル=弟分みたいなイメージもあったし、
この人は「勝夫の弟になる」っていうのが大事。
「ねねさんと結婚する」っていうのは実はそのための手段。
そう考えてみると、こいつも結婚も手段にしている。
ラスボスは見抜いてたから、「男同士もあり」って
こいつを見て、言ったんだよね。
・・・キャラの方向性は最初からこんな感じ。
この作品を作るにあたって武士の恋愛の本を何冊か買って読んだんだけど
古い日本だと男色を推奨していたって内容の本があって、
衝撃的すぎた。それでこの人ができちゃった。
さすがに、そういうのが推奨されているって話にしたら
一般向けではないだろうってことで
この人と、あと仁王像にだけ、その面影を残して、
真逆の設定になったんだったかな。

風祭【かざまつり】
巫女さん(バイト)。枠が1人あいていたので
じゃあ、女の子入れようってことで出てきたキャラ。
この子は本当に恋バナが好きなだけ。
それだけでくっついてきたキャラだから
ストーリーに深く関わらせようとか考えてはいなかった。
英吉とくっつく訳でもないしなぁ。
この子は完全に外野で、ポジション的には助っ人キャラ。
だから、性能的には便利。
設定だけなら、昔からあったキャラで
WoMTにも出せない、エチルのリメイク作にも出ないから、
一度出す機会が欲しかった。
そういうわけで、この子はまたどこかで出す予定あり。
あんまり語らない方がいいかもしれないけど
妹キャラの元気っ子で、恋バナ大好き。そんなキャラです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/51-90b3976a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad