栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

状態異常防止の装飾品を活用させたくて

港町装飾店にてNPC
港町のNPC会話も完成に近づいてきました。
町にキャラが増えてくると にぎやかになっていいですね。

で、上の画面はビューティ装飾店にて。
ちょこちょことこんなところに小ネタを入れてますね。
いつか分かる・・・いや、分かるひとにはすぐ分かるか。
とりあえず、それは置いといて、
今作では装飾品が2つ装備できるようになっています。
装飾品は次のようなものがあります。

①特定の能力を上昇させるもの。

グローブ:STR+10
アンダーシャツ:DEF+10
マージリング:INT+20

②特定の状態異常を防ぐもの。

クロスマーク:毒を防ぐ
アラームベル:眠りを防ぐ
フリーズペンダント:水属性の状態異常(毒・冷凍・STR低下)を防ぐ

ほかにもあるけど、お店でも手に入りやすいのは
この2つですね。
能力を上げる装飾品は2つ同じものを装備して効果を2倍にできます。
物理攻撃が得意なキャラをさらに強力にしたりとか
魔法使いの防御を固めたりとか、人によってプレイスタイルはいろいろ。
純粋に能力が上がるから、汎用性は高いんですが、
ただ個人的には特定の状態異常を防げる装備の方がよく使っている気がします。
状態異常は味方に対しては本当に凶悪ですからね。
特にツクール製作品の場合、動けなくなってどうにもならなくなるものも
多いですし。
ただ、これらの状態異常を防ぐ装備って汎用性は低いです。
例えば、毒を防ぐクロスマークの場合、毒を使う敵がいないところでは
全く役に立たないです。
魔法使いの天敵といえば、沈黙。
物理攻撃の得意なキャラにとっては暗闇が苦手と、この2つくらいなら
対策が必要なキャラとそうでないキャラは分かれるのですが
それ以外の状態異常となるとあえて対策しようとはしないかもしれません。

そこで、重要になってくるのがNPCの会話ですね。
日常を語らせるのも大事なんですが、
敵はこういう状態異常を使ってくると
事前に情報を与えておくのです。
例えば、
「ちっ、ここの敵は毒でジワジワ攻めてきやがる・・・」とか
「○○は、相手を眠らせる術の達人だ」とか。
旅に出ているのはプレイヤーだけじゃない。
プレイヤーの前にその洞窟に入った冒険者もいるだろうし、
そういう人たちとの話ができる場所として酒場とか便利だよね。
あるいは、ダンジョン内にいて
「気をつけろ、あのモンスターは危険だ」と教えてくれる人が
いてもいいよね。でその後、動かれなくなって
「お前の死は無駄にはしない」とか言って、
その冒険者の屍を越えていく・・・。
どうも私はこういうパターンの話は好きらしい。
ただ、ダンジョン内にいる場合は
とっくに骨になっていて、
死ぬ前に残したメモとか日記が見つかるってことも多いね。
情報の与え方はいろいろあるけど、
あえて教えずに1回全滅して、覚えるっていうのもありかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/48-c3869662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad