栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

フリゲ ASRAN外伝2作 感想

今回は次の作品の感想を書きたいと思います。

①ASRAN外伝 ~小さな島でお宝ハント!~

②ASRAN外伝2 ~紅の魔銃士と蒼の魔術師との出会い~

紅白2の「冒険者学校の日常」のハルマキ様の短編作品2作の
感想になります。
ちなみに最後のセーブポイントまでの時間は
①1時間56分 ②56分 
となります。
①ASRAN外伝 ~小さな島でお宝ハント!~

偶然、たどりついた島にある遺跡を探検して、
お宝を見つけるというRPG。
遺跡には罠が仕掛けられているが
トラップシーカーというアイテムがあり、
これを使うことで罠の位置が分かる。
隠し通路もあり、まさに遺跡を探検しているという
気分が味わえる。
一方で一段落つくと「今日はここまで」といった旨のことを
言われ、村に戻らなくてはならないことが何度かあった。
加えて、魔導器というアイテムが必要になり、
足らなくなったら村に戻らなくてはならない。
遺跡内にはボス前と入り口を行き来できる
ワープクリスタルがあるという工夫はなされているが、
少々、粗がある印象がある。
シナリオはギャグも適度にあり、
これ単体でも十分楽しめると思われる。
個人的な名シーンはフィルの寒中水泳と
その後のレインの看病イベントあたりかな。
普段の彼女とはちょっと違った一面が見られる。
違った一面といえば、闇の世界でのフィルの黒さも記憶に残る。
あれ、こんなキャラだっけ?って他3人につっこまれてたような。
最後に手に入れたお宝が何だったかがきちんと判明し、
締めがしっかりしている一作でもあった。

②ASRAN外伝2 ~紅の魔銃士と蒼の魔術師との出会い~

①のキャラが封印魔法を求めて
新たな遺跡を探検するRPG。
①の前作よりも敵の強さがしっかりしており、
戦闘中にカットインが入るなどの戦闘の演出面で
強化がされている。
全体的に①よりもクオリティが高くなっているのだが、
今回のマップと、トラップシーカーの相性が
あんまり良くなかったように思える。
トラップシーカーはマップを移動すると
効果がきれてしまうアイテムだが、
今回のマップは階段が多く、たびたびマップを
移動することになり、トラップシーカーが
すぐ切れてしまう。
①よりもマップが広くなり、遺跡以外にも
ダンジョンが増えている。装飾品の装備できる数も
2つに増え、世界観は広がっている。
しかし、それとは対照的に
①や「冒険者学校の日常」に比べると
どうにもボリュームが少ない感がある。
無論、短編だからともいえるが、
前作よりもいろいろなことができるようになったが
そのいろいろなことをやる前に本編が
終わってしまったようである。
①よりも進化しているのでそこは感動するのだが、
気がついたら、エンディングだった。
締め方そのものは面白いのだが、
不完全燃焼したような感じが残る。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

どうも、制作者のハルマキです。
プレイありがとうございます。
まさか外伝まで手を出してくださるとはうれしい限りです。

外伝は3年前に作った作品なので、かなり粗が残ってる方ではあります。
一方の外伝2なんですけども、これはASRAN本編の続編へ繋ぐための
伏線であのような終わり方にしました。
なので、不完全燃焼に感じるのは仕方のないことだと
割り切っています。
(元々はその続編で使うシナリオだったんで…)
ついでに言えば、ライゼルとエトラが【冒険者の宿】という作品にて
先行して出させていただいたので、
原作がないという状態を避けるためでもありました。
ただ、トラップシーカーに関しては大変申し訳ありません(汗)
やっぱりマズかったか…

現状、【呪われし竜 ~竜を宿した少年~】という作品を中心に作ってるので、
ASRANの続編が出るのはかなり先になりますが、
粗のないように万全の状態で制作しようと思います。

長々と失礼しました!

  • 2013/01/30(水) 18:23:22 |
  • URL |
  • ハルマキ #lRfFlTdM
  • [ 編集 ]

ハルマキさん、コメントありがとうございます。

ASRAN外伝2はそういった意味合いもある作品だったとは!
たしかにコラボ作品をやった後に、原作なかったら、
あれ?ってなっちゃいますね。

今回はいろいろと書きましたが
ハルマキさんの作品は安定して面白い作品が多いです。
【呪われし竜 ~竜を宿した少年~】も
ASRANの続編も完成を楽しみにしています。

  • 2013/01/30(水) 22:01:45 |
  • URL |
  • J-tr #yh3wl5gY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/45-f4b200f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad