栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

おかげさまで1024カウントになりました

ブログ1024hit記念絵
ブログを始めてから、5ヶ月。1月20日にカウンターが1024を超えました。
1週間に1回ほどの頻度のブログですが
1024もごアクセスいただきありがとうございました。
記念の絵として、拙作から3人描きました。
それぞれ、

【前】エチル (出典:World Moderator Mage)
【左】クリーネ(出典:WoMT ~あったか紅茶が飲めるまで~)
【右】勝夫  (出典:サムライ衰退記)

になります。
各作品の主人公たちです。

エチル「で、ここからはキャラ同士の対談記事?になるみたい」

勝夫「どうやら、作者のヤツが一度、やってみたかったらしいな」

クリーネ「というわけで、おつきあい頂けるのでしたら、
"続きを読む"を、押して下さるとうれしいです」

エチル「そもそも、なんで1024なの? キリ悪いじゃん」

クリーネ「多分、2の10乗だからだと思います。
作者、2進法好きですから」


勝夫「次の数がちょうど2倍になるというのもあるだろうな。
1000、5000、10000よりかは緩やかに思える」 

エチル「いっそ、500ごとにやっちゃえばいいのに」

勝夫「ところで、クリーネ・・・さん。
貴女は良家の娘と見受けられる」

クリーネ「たしかに 生まれはいい方だと思いますけど・・・」

勝夫「結婚を前提に 付き合って頂きたい」

エチル「そういえば、サムライ衰退記って
身分の高い家に婿入りしようとする話だっけ」

クリーネ「謹んで、お断りします」

勝夫「どうして?」

クリーネ「結婚は愛する人との新しい生活の始まり。
お金とか家の結びつきでしかない結婚なんて
そんな現実、嫌じゃないですか」


エチル「WoMTのエピソードで
姉さんの”縁談話”が取り上げられているんだよねー」

勝夫「ということは、すでに婚約しているとか」

クリーネ「いえ、それは違うんですけど・・・」

エチル「でも、好きな人はいるっぽいよね」

クリーネ「エチル!」

エチル「ごめんごめん。
・・・ってか、カツオのまわりにも
いるんじゃない?」

勝夫「カツオじゃない、マサオだ」

エチル「えっ、勝夫(まさお)って読むの!」

勝夫「ああ、そうだ、どっちも国民的アニメだから
よく間違われるんだ」

クリーネ「それで、勝夫さんの周りに誰がいるんですか?」

エチル「そりゃあ、勝夫のことが
好きな女の子よ」

勝夫「いたら、苦労しないと思うが」

クリーネ「あれ? でもあやめさんは気があるような
素振りだったと思いますけど」

勝夫「ただの幼馴染だ。それ以上でもそれ以下でもない」

クリーネ「本当にそうなんでしょうか?」

エチル「いーな、二人とも自分の作品に
そういった話があって」

勝夫「お前もやればいいだろう」

エチル「あたしの作品って、アクションゲームで
ストーリー、付属のテキスト分しかないんだもん」

クリーネ「私たちの作品はRPGですから」

エチル「しかも、あたしの設定、ほとんど書かれてないし」

勝夫「たしか、倒した相手の魔法を手に入れるゲームだったな」

クリーネ「ストーリーなくても楽しめちゃうんですよね」

エチル「セリフも魔法手に入れたときのコメントだけだし」

勝夫「それは可哀相だな」

クリーネ「でもエチルは元々、ツクール4作品のキャラなんです」

勝夫「そうなのか!?」

エチル「まぁ、そうなんだけど・・・
でも、グラフィック違うし、公開もできないし・・・」

クリーネ「いつか、作者さんがリメイクしてくれますよ」

エチル「姉さんの話(WoMT)が落ち着いたら、来るといいな」

勝夫「これが、そのときのシナリオか。ふむふむ・・・。
WoMTの後日談で、World Moderator Mageの直前にあたる
エピソードだから、いずれ作ることになるだろうな」

クリーネ「だから、希望持ちましょうよ」

エチル「そうだね」

勝夫「だからこそ、よりWoMTを完成させなければならんだろう」

エチル「で、作者は今、何やってるの?」

クリーネ「・・・研究と称して、フリーゲームを少々、やっていますね」

勝夫「おいおい・・・、大丈夫か」

クリーネ「よくこのブログを見て下さる方の作品をやっているそうです。
あと、以前コメント下さった方の作品も」

エチル「モチベーションの維持につながるだろうし、いいんじゃない?
そこまで時間あるわけじゃないから、短編にしか手をつけないと思うし」

クリーネ「そういうわけで、また、フリゲ感想書くそうですよ。
なんだかんだで、刺激を受けるそうです」

勝夫「そろそろ、時間のようだぞ」

エチル「何か、言い残したことある?」

クリーネ「じゃあ、最後に1つだけ」

もちろん、私も感想を書くばかりでもなく、
作品は作っていくつもりです。
こんなノリのブログですが、良ければこれからも
よろしくお願いしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1024HITおめでとうございます。自分の先生も二のn乗で表せる数字はキリが良いだと言ってました。自分のブログは自分以外の人物が更新連打したら増えるシステムなのでなんていうかアクセス詐欺ですね←

ちょっと過去記事を纏めて書く形になりますが、
行き先等を把握出来るのはかなり嬉しい仕様ですね。
自分の作品も長編になるので取り入れたい所です^^;

今も色々な方の作品をプレイされているのでしょうか?
前は本当お世話になりました。自分もまた何処かで
J-trさんの作品をプレイさせて頂こうかと思います。

最後に、キャラトーク楽しいですよね!
これは初見ではカツオって読んでしまいますねw
(紹介動画の方もそう読んでましたし←)

  • 2013/01/25(金) 01:19:46 |
  • URL |
  • the89 #-
  • [ 編集 ]

the89さんへ コメントありがとうございます。
それと13000HIT、おめでとうございます。
記事数も600を達成なさったとか。
更新が多いので、日々の楽しみになっています。

今も面白そうだなって思った作品を引っ張ってきて
空いた時間にちょこちょことやっていたりします。
先ほども1つ、クリアしてきたところです。

キャラトークは確かに楽しいですね。
あと、あるツクラーさんのブログに
セリフの練習になるのでいいと書いてあったので
そういったことも考えて今回、やってみました。
また、気が向いたら、やるかもしれません。

  • 2013/01/25(金) 23:38:51 |
  • URL |
  • J-tr #yh3wl5gY
  • [ 編集 ]

次の記事に書こうかなとも思いましたが、
サムライ衰退期の方を楽しくプレイさせて頂きました。

クリア時間は3時間ぐらいでしたが、何回か敵に
倒された時にリセットを押していたので多分
3時間30分ぐらいでクリアしたんじゃないかと思います。

マップが和の世界観に合っていましたね。

霧を使用して敵のシンボルを隠す演出等、
場所によって敵シンボルに何かしら影響があるのは
とても面白い工夫だと思いました。

自分はSHIFT押しっ放し勢で、宿にいる敵がダッシュに反応する敵とは知らず、ぶつかりまくりましたねw

敵1体1体に違いがあって面白かったです。
餅の敵を焼いたらグラが変わるのも素敵でした。

兵士に渡すアイテム全てに反応があったのは良かったです。

バグっぽいバグも特に見つかりませんでした。

そういえばAceだったんですね。
勝手にVXだと思い込んでいました^^;

色々勉強になりました!ありがとうございましたー

それと、……勝夫!お前にはあやめさんがいるだろッ!(今回の対談)

  • 2013/01/27(日) 23:53:55 |
  • URL |
  • the89 #-
  • [ 編集 ]

the89さん、サムライ衰退記をプレイして頂き
ありがとうございました。

今回はシンボルエンカウントにしたので
ダンジョンギミックはシンボルの方に
仕込んでみました。

敵は自作絵にして、妖怪記録作っているうちに
段々とこだわりが出てきた感じです。

あの兵士はテストプレー中にふと、
いろんなアイテムが選べるのに
正解以外で反応ないのは味気ないなぁって
思って追加しました。
ちょっとした遊び心ですね。

今回の対談はよくよく考えてみると
作中では”良家の娘さん”には
出会えなかった勝夫に
そんな出会いの場を提供した形になったので
ちょっと口説かしてみました。

  • 2013/01/28(月) 23:03:42 |
  • URL |
  • J-tr #yh3wl5gY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/44-05de15ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad