FC2ブログ

栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

キスの日イラスト+キズのシナリオ。

200524Aries.png
キスの日だったので久々にとつ恋の2人で
イチャイチャしてるイラスト描きました!
あんま横顔描いてないので
ちょっとこういう構図苦手かも。
でも、描かないと上手くならないので
もっとこのへんも練習していきたいですね。

この二人はイチャイチャの延長で勢いで
子どもできちゃうんじゃないかなーとか
そういうの考えやすい、微笑ましいカップルなんですよね。
いやー、最初はあったか紅茶作ってる頃は
こんなにくっつくコンビとは思ってなかったんですよね。

こんなキスの話をした後で
後半は最近考えてる”キズ”のシナリオについて。
200422Angel.png
シルエットで紹介しますが、弾幕豊穣祭の5ボスです。
最近は彼女や、あと4ボスのキャロ姉の会話考えてたりするんですが
5ボスのこの人、なかなか喋りは軽いんだけど
背景が重いです。

それと息抜きゲーの方も、色っぽい話のようで
結構繊細な話になってきて、
なかなかこっちも思ったより真面目路線。

それで豊穣祭の5ボスも息抜きゲーの今かいてる場面も
両方とも、誰かに傷つけられた感情が
こもってるんですよね。
傷つけた主体は両方とも違うんだけども
どっちも彼女たちの心の傷を見せられてるような
そんな印象なんですよね。

傷ついた人って言うのはとても難しいです。
とつこいのウェス兄がヴァルゴに誘惑されていたときの
アリエスなんて正にそうで、
あんな風に誰の言葉も届かないんだろうなぁって
主観の色眼鏡で近くの人が敵に見えるんでしょうね。
アリエスは立ち直りましたが
アリエスと対比するように裏シナリオで
実は主観の色眼鏡がハマったままのあるキャラも
いましたし。
あと、豊穣祭と息抜きゲーの彼女たちは
救われないだろうなと現時点でそんな予感がしてます。

傷ついてるときに、うだうだ言ったり
怒りを暴力的にぶつけたりする人いますよね。
ある程度関わりがあって
言ってることが最もだなーって思う場合は
前者なら共感できるところもあるけど
そうじゃない場合は、
例えば日頃から事あるごとに慰めてほめてをやってる人だと
誰かに慰めてもらうのが当たり前になっちゃう、
そういう依存関係になると思うんですよね。
で、何もしないでいると怒り出す、
そういえば、「ありがとう」の対義語って
「あたりまえ」なんですよね。

とつこいのアリエスそんな感じだったんですよね。
それでも好きに思ってくれる人がいるのは
共感できるものだったのかなと。
あ、新作の2人は、全然違う方向性です。

あと傷ついた人というのは自分の行為を比較的
正当化できるんですよね。自分は被害者だから
何をやってもいい理論です。
結構ぶっとんだ悪事に走らせることも
できるんですよね。
本当厄介だなと対峙した
プレイヤーのセリフ書いてて思います。

今まで夢があって楽しそうにその夢を追いかけていた人が、
ある日突然、その傷が原因で
やらなくなってしまうのって悲しいですよね。
傷でなくても、自分の身近でこのところあったのが
ゲーム制作は大変で
その割に得られるものも少なく孤独であり
それゆえに去っていく人を何人か見たもので
この人、面白いもの作る方だったのになーと
そういう寂しさを感じたんですよね。
面白い人が、ある時を境に全くの別人になっている
明日、同じ人に会えるなんてそんな保障もないわけで。
もしかしたら人間関係というのは
続くのが奇跡なのかもなぁと。
こういうものも何かしらのネタになってるかもしれません。
ただ暗い話作りたいわけじゃないので
上手くまとめたいな。

正直、この文章からどんなシナリオ作ってるのか
想像できたらすごいなぁと思います。
ただ、結構、スイヨウビから続く
繊細なシナリオにまたなりそうな予感です。

キスとキズを絡めて意外と渋い内容だったかも。

では、またどこかで。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/383-3b85e442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)