栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

ピクチャ設定補助制作ツール「ぴくろけ!」1週間限定公開します!

20160413ぴくろけ
誕生日という一つの区切りを迎えたところで。
1週間だけ、最近作った制作補助ツールを
限定公開します!

槍ゲーを作っていて
ピクチャの設定、面倒だな・・・。
数値だけだとどこに配置されるかって
分かりづらいんですよね。
そこでCF2.5(インディゲームクリエイター)を使って
ピクチャのシミュレーション∩測定ツールを開発しました。
名付けて「ぴくろけ!」。

ピクチャ(bmp,png,jpgなど)を読み込むことができ、
直感的に配置でき、その座標の数値を調べることが
できる測定ツールです。

DLはこちらから。
http://fast-uploader.com/file/7016030591868/

2016/4/20 追記
配布終了しました。DLしてくれた方ありがとうございました。


使い方は簡単!
何もないところで左ダブルクリックすると
ピクチャを読み込み、配置できます。
ピクチャを左クリックすると
半透明になって動かすことができます。
で、動かした位置が左上に表示されます。
左から順に(X座標、Y座標、拡大率(%))が表示されます。

いらないピクチャは右ダブルクリックすると
消すことができます。


また、ピクチャを左クリックした後、
動かす方法は3つあります。

①マウスでドラッグして操作する。
②キーボードの上下左右を押して操作する。
③左上の数字をクリックして表示される
テキストボックスに直接数値を入力する。

拡大率を操作する方法

①マウスのホイールを回転させる。
②キーボードのQWキーを押す。
③左上の数字のうち、左から3番目の数字を
クリックして表示されるテキストボックスに
直接、数値を入力する。

SHIFTキーを押すと数値の変化が大きくなります。
Ctrlキーを押しながらキーボードを操作すると
32pixelずつ移動するグリッド移動になります。
またホイールをクリックすると
X座標、Y座標が32の倍数になります。



アイコンの機能

画面左上、数字の上に
アイコンが並んでいます。
このアイコンについて左から説明します。

①原点の設定
クリックすることでピクチャの原点を
左上か中央に変更できます。
すべてのピクチャに同じ原点設定が適用されます。
(すべて左上原点かすべて中央原点になる)
また、このアイコンをクリックしてピクチャを
クリックした後から、左上の数値には反映されます。

②ウィンドゥサイズの変更
クリックすることでウィンドゥサイズを
640×480、544×516、320×240に変更できます。
左からツクールXP,VXとVXAce,2000と2003の
ウィンドゥサイズに対応してます。

③背景の設定
クリックすると背景を読み込みます。
背景は左上原点で(0,0)に配置されます。

④テキストデータの出力
配置されているすべてのテキストデータの
(ファイル名、X座標、Y座標、拡大率)をテキストデータにして
このツールが保存されているフォルダと同じ場所に
日付+pictmemoのファイル名で出力します。
このテキストを参考に
各種制作ツールに数値を打ち込むことで
ピクチャの設定をやりやすくします。
このツールの主となる機能です。

また、このアイコンを押すたびに
追記される形でデータが出力されるので
ピクチャの動きを表現することも可能です。

ピクチャを置いて出力して、
そのピクチャを移動して出力して・・・
と繰り返すことで
ピクチャの移動の参考にすることも可能です。

ただし、一度このツールを閉じてから
もう一度起動して、このアイコンを押すと
同じ日付だと上書きされるので注意です。

⑤テキストスクリプトの出力
テキストデータの出力と同様に
テキストデータを出力します。
こちらのファイル名は
日付+pictscriptになります。

このアイコンで出力されたテキストをコピーして
RPGツクールVXAceのイベントコマンドの
スクリプトに貼り付けると
このツールで表示したのと同じ状態で
ツクールVXAceでもピクチャを表示できます。
(ただし、ツクールVXAceには
あらかじめ、使用するグラフィックデータを
インポートする必要があります)
20160413ぴくろけ2
スクリプトに貼り付けるだけで
こうなります。
20160413ぴくろけ3



注意点
このツールはピクチャの透過部分を無視することが
できません。
透過部分の多いピクチャは操作がしづらくなります。

また、先に配置したピクチャが後ろに配置されるように
なっています。
複数のピクチャが重なっている場合、
前にあるピクチャが優先的に選択されるので
後ろに置きたいピクチャは先に置く必要があります。



あくまでも制作補助ツールという位置づけのものです。
スクリプトを出力できますが、このスクリプトを使用する際に
著作者の名前やこのツールの名前を明記しなくても
使用できます。

ただし、このツール自体を無断で配布するのは
禁止しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/241-26e3f4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad