栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

夏なので フリーホラーゲーム感想集

7月です。暑い日々が続いていますね。
暑いときには怖い話をすると ヒヤッとできる。
ゲームだったら、ホラージャンルをやればいい。
今回は ふりーむからホラーゲームというカテゴリに所属する
フリーゲームを何本かプレイして、感想を書いてみました。

1 悲蒼人形 (柚里はつか 様 制作)
2 La;яme (るしと 様 制作)
3 赤ずきんの狼 (ハネダ 様 制作)



1 悲蒼人形

クリア時間 約50分。
謎の館に閉じ込められた女の子が真相を求めて
館を探索するADV。
ちょっとした謎解きの部屋と主人公の過去が語られる部屋を
交互に進みながら、ゲームは進んでいく。

このゲームで印象的なのはシナリオ。
開発室でも触れられてるとおり、
主人公の身に起こったのは悲劇的なことではなく、
いたって普通の、日常的に起こりうる現実的なこと。
ただ 主人公の年齢くらいだったら、絶望して
こういう極端な行動に出てしまうっていうのも分からなくなくて。
このくらい凹むことはあるよねって共感はできた。

謎解き自体は仕掛けが部屋の中だけではなく
前に行った部屋に戻って、足りないアイテムを取ってくる必要があり
ちょっと迷う部分もあるものの、(主に再現の間のベッド。別にアイテムなしでも
ベッドを荒らすことはできるんじゃないかなぁと)
基本的には簡単に解けるものが多く、難易度は低くサクサク進む。
部屋のカギも説明文に「○階の一番奥」といったように
非常に分かりやすい。

純粋さという点できれいな話だった印象がある。
悪い人もいたはずなんだけど、主人公の周りにいるのは
なんだかんだで良い人じゃないかって。
悲劇的な結末もあるけど、ハッピーエンドが
どこまでも幸せそうで、そっちの印象の方が強い。
絵が可愛らしいというのも影響しているかもしれない。

ホラーな要素はそこまでないものの
ところどころ、ブラックな即死トラップがある。
でも、それを除けば絵の良さ、プレイしやすさもあって
ライトな仕上がりになっている。
中学生、高校生くらい向きのピュアで優しい物語だと思います。


2 La;яme

クリア時間 約40分。
教会に閉じ込められた女の子が
ゾンビをナイフで攻撃しながら探索するアクションホラーゲーム。

制作ツールの都合上、当たり判定や操作性は
あまりよくないものの
ナイフの判定が地味に2マスあったり、敵が基本的に
一撃で倒せるようになっているなど
ところどころに工夫が見られる。

ツールで装備を切り替えて
進んでいくのが面白い。
ヒビ割れがあったらハンマーに持ち替えたり
怪しいなぁと思ったら、ゴーストスコープを装備したら
見えないものがあらわれたり。
反対に、武器を装備した状態では入れない部屋があったり。
自動でアイテムが使用されるのではなく、
手動で試していける楽しみがあると感じました。

あと、気になったのはゴーストスコープでしか
見えない敵がいる部屋。
スコープで見えるようにすると9人もゴーストがいることが
分かるんだが、見えたところで
攻撃の当てにくさもあって、囲まれてボコボコにされることが
何度か。別に9人もいなくても と。

ホラーで追いかけられるばかりじゃない!
たまには反撃もできて、いろいろとツールを試しながら脱出したい人向け
だと思います。


3 赤ずきんの狼

約50分ほどでクリア。
おばあちゃんが殺されてしまった真相を探るべく
赤ずきんと青年が協力して探索していくゲーム。

良かった部分はキャラとエンディング。
このゲームは、メインキャラクター3人について
掘り下げられていて、魅力的に感じる。
特にこのシナリオに登場する3人目に関しては
おばあちゃんは治してあげたいと思っていたんだけど
治してしまうことがハッピーエンドではない、っていうのが
けっこう深いように感じました。
エンディングに関しては1枚絵とともに
一言、どこまでプレイヤーがこの物語を進んだかを示唆することを述べる。
7つとも雰囲気が出ていて、良かったと思います。

気になるのは序盤のロゼッタ編にあたる部分が
探索の難易度が高い印象を受けた点。
どこになにがあるのか、分かりにくく、
また、自分で配置したものを調べると
アイテムが出てくるというのは
プレイヤーからしてみると盲点に当たるんじゃないだろうか。
あと、鍵の説明文が「○○の部屋の正面」は
家の中の構造をあまり把握できてないプレイヤーからすると
分かりにくい。
攻略サイトがあるので、それを見れば迷わずにクリアできるものの
できれば、攻略サイトは最後に見たいと思うので
もう少しキャラにヒントのセリフをしゃべらせるといった
工夫があれば、良かったかなぁと。

序盤を乗り越えれば、中盤からは盛り上がるので
なかなか、ストーリーが楽しめるゲームだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/161-d1afb54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad