栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

紹介動画をつくるうえで ~視聴者はM大佐だと思う私~


ニコニコ自作ゲームフェス3用に
創造のノスタルジアの動画を作っていました。

編集中に1回編集データが消えて
少し、焦った部分もありましたが。
なんとか間にあったようです。


私自身、紹介動画をつくるときに心がけていることが
ありまして、 今回はそれについての記事になります。
それは 短い時間で
このゲームはどんなゲームなのかが
分かるようにするということです。

ニコニコ自作ゲームフェスに
投稿されている動画を見ますと
ときどき、ゲームの冒頭のセリフだけ流して
これはいったい何をするのゲームなのか分からない
ということがありました。

ゲームフェス1回目のときは
どんなゲーム出てるのかなぁって興味本位で
とりあえずRPGだと思われるゲームを
DLして、10分ほどプレイしてどんなゲームかな
っていうのをだいたい80本くらいやって
それからやるゲームを7本まで絞ってやりました。
そのときのレビュー記事は12
ですが、実際やってみるとこれがけっこう大変。
1本10分でも1時間でできるのは6本。
絞り作業が意外と時間がかかった記憶があります。

実際に最初に10分プレイしてっていうのも大変なら
やっぱり動画である程度、絞りがかかっちゃう
わけですよね。
そうすると、動画でこのゲームがどんなゲームか
分からないというものは
プレイされる機会を失ってしまいます。

だから、紹介動画においては
このゲームは
①どんなシステムか
②どんなシナリオか
がバッチリと分かるものがいいと思うんですよね。

それでいて、短くまとめることも重要だと思います。
紹介動画 30分です、なんて
そんなに見る時間があるなら自分でプレイするよって
思うし。
それに、飽きたらすぐに
ほかの動画行っちゃうと思うんですよね。

頑張って10分の動画作ったんだと作者が言っても
視聴者は10分も待ってくれないと思うんですよ。
私個人として、某M大佐のごとく
「3分間待ってやる!」というノリで
視聴者は見ていると思いながら紹介動画を
作っているのですが
大佐は3分間待ってくれるだけ優しいと思うのですよ。
1分待ってくれないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/142-06b981ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad