栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

RPGにおける一人旅の厳しさ

womt20130823.png
WoMT5章、逃げるコマンドの重要性のシーン。
5章では途中で 一人旅になるので
逃げるべき相手からは逃げることで全滅の可能性を減らすことが重要になってきます。
逆に戦った方が安全な敵というのも登場します。

で、今回はそれが本題じゃなくて
RPGの一人旅に関して考えてみる。
続く。
RPGでも一人旅は割と見かけます。
(ほかのジャンルだと 基本が一人のように思います。
 例えば多くのアクションだとずっと一人のキャラを操作しているし)
ツクール製のRPGをやってよく思うことが
一人旅のゲームバランスは難しいなぁ、ということです。

4人から1人になったときとか、4人パーティのときと
同じかそれより強い敵を出してしまうと
あっさりと負けてしまうことも多い。
それどころか、見慣れた道であっても
4人で楽勝、1人なら苦戦ということはあります。

ステートも行動不能になるものはあまり使えなくなります。
例えば、何ターンもの動けなくなってしまう麻痺に
かかってしまうと何もできないまま、サンドバッグにされるのを
見てるだけ。1ターン動けないだけのスタンであっても
けっこう面倒なものです。敵が次のターンも
スタン技を使ってくると結局、こっちに順番がまわって来ないことも。

敵の数も少なめにしないと。
1VS4だと、1人に攻撃をしかけている間に
4人の敵から攻撃を受けることになってしまいます。

で、特にこっちは一人なのに
行動不能ステート使ってくる、
敵がたくさん出るというのは他のフリゲをプレイしているときに
たまに見かけます。
対策が施してあるのならいいのですが、そうでない場合
麻痺で動けない、そしてボコボコ!
運ゲーじゃねえか! って思ってしまいますし、
こんなにたくさん固い敵が並んで
戦闘、終わらないなぁ・・・ とだれてしまいます。

対策としては、ステートの場合は
まず、行動不能ステートを使わないこと。
毒とか、能力低下を使う敵にすればいいんじゃないかと。
また、予防できる方法があるというのもあります。
で、敵の数に関しては3体以上は出さないようにするとか
全体攻撃が使えるようになっているなど
方法があると思います。

数が少ない、行動不能ステートを使わないとやっていくと
敵に出来ることは少なくなってしまうかもしれません。
だからこそ、序盤に一人旅の方がバランスがとりやすいのかもしれません。
敵が弱くても不自然じゃないという点においてもそういえるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/103-4fe2f801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad