栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

サムライ衰退記 ラスボス攻略

samurai-bhint.jpg
サムライ衰退記を公開して はや1ヶ月。
おかげさまで DL数が400をこえました。
今回は ラスボスの攻略を書きたいと思います。
ほかのボスに関しては ボスに1回負けた後、豊松の民家の
老ニンジャ(上図)に聞けば ヒントがもらえます。
それを参考にすれば、おそらく勝てると思いますが
もしも「このボス強すぎ。勝てない」というのが ほかにもありましたら
ブログのコメントか 掲示板に 手軽に書いて頂ければ、攻略方法を
今回のように お教えしたいと思います。
というわけで ここからはラスボスの攻略になります。
自力で攻略したいという方には ネタバレになりますので
ご注意ください。


samurai-lastb1.jpg
撫愛  体力 7200 属性  弱点 
「受け入れることも 愛だもの」というセリフからも分かるが
こちらの攻撃に対して 待ちの戦法を好む。
相手が両手を広げたときにどう行動するかがポイントになる。
【行動パターン1 体力が3600より多いとき】
両手を広げる→大暴れ(ランダム3人に物理攻撃)→様子を見る を繰り返す。
両手を広げたターンに 物理攻撃をすると反撃されるとともに 誘惑されてしまう

・1ターン目は明鏡の術も使う。

・6ターン目、12ターン目は軟弱の術を使う。

・体力が5400を切ると 剛力で攻撃力を上昇させる。

・体力が3600を切ると 紅蓮を唱えて イベントが発生する。
 その後、精力キノコで技力を回復させ、大扇情(全員を誘惑)を唱える。

【行動パターン2 体力が3600以下のとき】
両手を広げる→大暴れ(ランダム3人に物理攻撃)→紅蓮 or 吸魂 を繰り返す。
※紅蓮 or 吸魂が使えないときは 大暴れ攻撃になる。
大暴れ攻撃は 約340×3ダメージ

【特徴】
・扇情、軟弱、呪殺は無効。

samurai-lastb2.jpg
毒泡は有効。普通の毒より効果は薄いが
 それでも毎ターン 216ダメージを与えられる

・封印は効きにくいものの、効いた場合は 体力が減ったときの
 剛力や大扇情が使えなくなる。ただし、体力が3600以下のときに
 大暴れ2連発になる点に注意。

【攻略方法】
1ターン目は 明鏡+両手を広げるので 吸魂と清水以外の攻撃は
反撃をくらうことになるため、防御するか、補助術で味方を強化した
ほうがいい。体力が半分切るまでは 味方にダメージを与える手段は
大暴れだけなので、誰かが 両手を広げたときに物理攻撃をしない限り
「見切」がかかっていれば、ダメージを受けない。
だから、体力面で不安のあるキャラには「見切」をかけておきたいところ。
あやめの運が100以上あるなら、毒泡を使えば 毒で安定したダメージを
与え続けることができる。
基本的な戦法としては 両手を広げたら、術で攻撃、補助かアイテムで回復
それ以外のときに 物理攻撃をすればいい。
体力が4000弱になったところで 術対策をはじめる。
大扇情で全員が誘惑されると パーティが壊滅しかねないので
少なくとも 攻撃力の高いキャラには予防、
体力の低いキャラには 対紅蓮用に明鏡をかけておきたい。
対紅蓮の保険で 炎の盾を装備させておくのもよい。
samurai-lastb3.jpg
撫愛の体力が 半分を切った後は隙が少なくなる。
こちらの戦法は変える必要はないが、攻撃が激しいので
体力が400を切ったキャラは積極的に防御して、両手を広げるまで
持ちこたえさせ、両手を広げたときに回復させるといいだろう。

・攻略にできればほしい術。
 予防(勝夫)・・・大扇情の対策用。
 凍結(あやめ)・・・撫愛の弱点。敏捷も下げられるし、ダメージ源にもなる。
 清水(あやめ)・・・明鏡、剛力を解除できる。
 見切(風祭)・・・大暴れを回避、反撃できる。
 明鏡(誰か)・・・大扇情、及び、紅蓮対策。

・あると便利かもしれない術。
 毒泡(あやめ)・・・運が高ければ、ダメージ源になる。
 軟弱(あやめ)・・・一応、大暴れのダメージを減らせる。

あやめの覚える4つの術がどれも活躍できるので
彼女に 精力キノコを使って 術を10回使えるようにしたいところ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jtrshiogawa.blog.fc2.com/tb.php/10-eb5e869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad