栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

2012年を振り返る

明日で2012年も終わりですね。
今年は、8月にブログをはじめて、
ゲームも2作出しました。
samurai_SS1mini.png 
↑短編RPG、サムライ衰退記

acttkool7.jpg 
↑アクションゲーム、World Moderator Mage


サムライ衰退記に関しては実況プレイまで頂いて、
そこから派生して、2012年にやったフリゲの中で
面白かったと思った作品を4作感想を書きました。
CUBE、儚くも愛しララバイ、Yu-Sha ~境界へのクロスロード~
そして、Troubadour。
どの作品もいろんな見所があったなぁ。
ちょくちょくと感想書くのはこれからもやっていくかも。

・・・でWoMT~あったか紅茶が飲めるまで~は
体験版は出せずじまい。
一応、メインなんだけどね。
来年はこれの完成が目標になります。

できることなら 3作くらい出したいけれど、
とりあえず、WoMT優先で作ります。

では、来年も当ブログをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

フリーゲーム Troubadour(トルバドゥール) 感想

fg2012-4.png
今回はオシブ様の「Troubadour(トルバドゥール)」の感想になります。
絵は主人公のリア+ハープで。
一応、書いておくと臼井の会様のキャラですね。

ところで臼井の会様の名前が出たのでコメントしますが、
あそこでは現在、紅白RPG合戦2をやっています。
私もプレイ時間短めの作品を数本やりましたが、
それに関して感想書こうかはちょっと考え中です。

で本編のトルバの感想は続きから。 続きを読む

フリーゲーム Yu-Sha ~境界へのクロスロード~ 感想

fg2012-3.png
最近は10℃を下回る日も増えて参りました。
寒いですね。ほんと。こんな日はこたつでツクールでもやるのが一番ですかね。
で、今回は「Yu-Sha ~境界へのクロスロード~」という作品の感想です。
作者はKota様です。このゲームの舞台、中盤くらいまでは雪国です。
季節的にもちょうどいいのではないでしょうか。
絵はキャラグラを参考にしたものの、公式にちゃんと主人公のルルの
絵があったことに描きあがった後に気づく。
・・・そっちを参考にすれば良かった・・・。

今月もあと1週間を切りました。
フリゲ感想の記事はこれとあともう1作書きたいと思っています。
続きを読む

デジタルよりもアナログな私

womt121223.png
今日はひたすら 3章のシナリオチェックしながら
アナログからデジタルに変換してました。
一応、WoMTはシナリオを重視したいので
①流れを文章にする。
②セリフを紙の文章に書き込む。
③紙の文章を見ながら、推敲しつつテキストファイルに打ち込む。
④コピペを使って、テキストからツクールに内容をコピーする。
といった感じで作業してます。
たまに③をとばして ②から④にとぶこともありますね。
ただ、紙には必ず書かないとどうも落ち着かないものです。
その方が伏線を考えやすいような気がする。
単純に私の字が小さいから、自筆の方が1枚の紙に
情報をつめやすいのかもしれません。
③で作ったテキストファイルを印刷すると
②のときは16枚だったのに 27枚に増える不思議。
推敲してるから、文章量自体は減ってるはずなのに。
でもその元の文章は私以外の人が読めないことが多い。
原稿に何でも書きすぎだからなぁ。
気にいらなかったら、塗りつぶして消しちゃうし、
思いついたら、矢印で付け足すし・・・。
試行錯誤の痕跡が完全に残っているんだよね。
そういう汚い原稿用紙だけど、読み返してみると楽しい。
何考えてたか、思い出せるんだもの。
そのへんがデジタルのテキストファイルにない魅力かな。

WoMT製作 3章 ボスデザイン中

womt1220.png
3章のボスの下書きがちょっとずつできあがってきました。
上の絵はボスの装甲部分の下書きです。
このボスはちょっとした思いつきでパーツごとに下書きが必要に。
・・・ボスギミックの都合ってやつですね。

サムライ衰退記のときは思えばいろんなボスがいたなぁと思う。
2体で襲い掛かってきて、片方を倒すと合体するやつ。
途中から無敵状態になるやつ。
本体は別の敵で最初にいるのは倒さなくてもいいというやつ。
ラスボスまで主人公たちにあんなことをしてくるわけだし。

思えばボスを戦略的にっていう路線は
ツクールGBくらいからできるようになっているんだよね。
あのツクールの「かしこい」っていう設定にすると
的確に威力の高い魔法を使うし、味方が弱っていると回復するし、
戦闘不能のキャラまで蘇生できる。
あれでツクった作品、すごく気に入ってたなぁ。
魔法使いボスを沈黙させても、使えない魔法を唱え続けずに
きちんと物理攻撃するようになるから、
どこぞのアイオンにならないで済むんだよなぁ。
あと、ラストで回復役から倒さないと他のボスを復活させるとか
そんなボスもいた。

ツクール1、2は設定した行動を全て同じ確率で実行し、
3、4で自分で確率を設定できるようになった。
5は複雑だけど、かなり頑張れば細かい行動が設定できる。

そう考えてみると2003初めて触ったときに
デフォルトでHPの割合とかスイッチとかで
敵の行動が変わるようになったのを知って、
ツクールでここまでできるようになったかと
心打たれたもの。
それでツクった2003作品が
何でもかんでも詰めすぎて
ボス戦に普通に1時間かかるってシロモノに・・・。
しかも、後半になると
前座ボス(ザコの強化版。主にHPが高く設定)なんか挟むものだから
今じゃあとてもプレイする気にならない。
ザコ戦にしたってHPが100くらいのキャラを
5とか6とかの蚊が刺すくらいのダメージを与える戦闘だったうえに
2003のFF方式のゲージを溜めて行動する戦闘で
しかも2003はゲージの溜まりがすごく遅いから
上の仕様と組み合わさって1戦闘10分越えの
テンポの悪い作品に。
絶対、公開できないな、アレは。

その後に2000に出会って、デフォ戦闘なら
こっちの方がやりやすかったことに気づく。
ゲージがなく、テンポも良かったからかな。
でも、2000はVALUEの方だったから
付属の作品をやってた方が思い出深い。
・・・RPGが思いのほか、少なくてびっくりしたことも含めて。

なんか段々、ツクール思い出話みたいになっているな。
ボスにこんな仕掛けがツクれるって話から
昔はツクールでここまでしかできなかったって話になったんだったかな。

WoMT製作 においを表現するのは難しい

WoMT20121218.png
WoMTに登場するモンスターの図鑑の説明文を作っていました。
スクリプトはmomomo?様のものを使っています。
このモンスターってこんな設定なんだよ~って
後から読み返して分かるのって結構好き。
モンスターもただの障害物じゃなくて
RPGを盛り上げる重要なファクターの1つだと思う。
でも、フリーのRPGでモンスター図鑑がついてる作品って
あんまり多くない。
図鑑があったとしても、モンスター1体1体までコメントされている
作品は今のところ、私のプレーしたフリゲの中では1作しかない。
だからこそ、よりこだわるのかもしれない。

そんなこだわりで 説明考えているときにふと困ったこと。
上のバッドディナーというモンスターは「におい」に特徴がある。
・・・においってどう表現すればいいんだろう?
今回の場合は臭いってことを伝えたいのだけど
どうしても比喩的になってしまう。

長くなりそうなので続きは追記に畳みます。 続きを読む

フリーゲーム 儚くも愛しララバイ 感想

fg2012-2.png
今回は「儚くも愛しララバイ」の感想になります。
絵は主人公ラシードと、カレスの対決シーン。
カレスに関しては戦闘時のグラフィックを参考に描いてます。
最初か、最後なのかは想像に任せます。

作者は桃隆様で、代表作は「ELVEN POSTERITY」。
ツクール3作品で、リメイクの方を私はプレイさせて頂きました。
ツクール3をやったことある人なら
ニヤリとするマップが多く、こちらもオススメです。

で本題は続きから。 続きを読む

フリーゲーム CUBE 感想

fg2012-1.png
今回は「CUBE」というゲームの感想を書きます。
上の絵は文だけではさみしいので 私が描いてみました。
一応、主人公のシャルアです・・・。
今月のフリゲ感想記事には毎回、ゲームの何かしらの絵を
描く予定で進めて行きたいと思います。

「CUBE」というゲームですが、
作者は「White music hall」のホワイト様です。
音楽素材サイトで私もいくつか素材をお借りしています。 続きを読む

WoMT 3章ザコ製作中

womt121210.jpg
3章、前半のザコ敵の調整中です。
3章の腕試しボスの行動パターンが出来上がりました。
月紳士様のエネミー行動パターン改良を導入したことで
衰退記のときのように「行動開始」を入れずに
スマートな敵キャラが作れるのが便利。
バトルイベントも併用しているので、やや戦略的。
まだ、序盤なので対策はしやすく。

ザコに関しては簡単に特徴をつけるくらいで
そこまで複雑にはしてないですね、今回。

3章ザコ敵のグラはもう描き終わっています。
残っているのはボスクラスの敵のみ。

今のところ、
1章 6種
2章 12種
3章 18種
合計 36種
登場させる予定です。
体験版の時点で衰退記の33種より多い。
今作は何種登場させることになるだろう・・・。
色違いも出すとしても、結構な数を描くことになりそうです。

あんまり、使いまわしはしないし、
違うマップに入ったら違う敵出したくなるからなぁ。

サムライ衰退記 動画紹介と・・・


なんと拙作、サムライ衰退記の実況動画がうpされていました。
実況及びうpして下さったatsuさん、本当にありがとうございました。
実況動画のリンクは こちらから。

作者として、ほかの人がプレイしてるのを動画で見られるのって新鮮。
人によって、プレイスタイルは全然違うからね。
このゲームでいうなら、最初のボス。
防御である術を回避したり、予防で防いだり、
あるいは、その術を使ってくる前に倒してしまったり・・・。

感想を頂くのもモチロン、嬉しいこと。
ただ、こういうあるボスの解法が見られる点で
動画は感想とは違う良さがある。

その8。ちょっと軽業子猫を強くしすぎたと反省。
10月の更新後は弱体化したけど、更新前の動画だと
こうもダルいと実感。

最終回。以前、このブログで解説したラスボスとの対決で
非常にスリリングで熱い展開になっています。
特にオススメです。

どんな形でも自分のツクった作品に
反応があるというのはテンションが上がる。
私は今までプレイしたフリゲに対して
動画という形で報いることはできませんが
感想を書くことは今からでもできる。

もう今年も終わりということで
今月は、2012年中にプレイしたフリゲで
面白かったものを紹介していきたいと思います。

もちろん、WoMT製作もします。
それをしないと「製作メモ」じゃなくなってしまうので。

FC2Ad