FC2ブログ

栞代わりの制作メモ

・ツクールやMMF2などで作ったモノや できるまで

弾幕STG、コラボ始めてみました!+頂き物紹介

191124Menu01.jpg
だいぶ寒くなってきましたね。タイトル画面から
難易度選択して、主人公選択するところまでできて
3面まで通しで遊べるようになりました。
それで現在テストプレイしながら足りないものや
(スコアエクステンドの処理や、スペルの挑戦回数の記録とか
あとボスとの会話も後回しにしてたので作る予定)
細かい調整をかけていくターンに入ってます。
12月中にとりあえず、3面でいわゆる体験版的な形で遊べるように
したいと思っているところです。
というのも、今回、ついにずっとやりたいと思っていた
コラボ企画をはじめまして
その協力して頂いた方にどう仕上がったのか確認して
遊んで頂ける形にしておきたいなという
そういう意図からやってます。
(完成まで時間かかりそうなので)
191124Menu02.jpg
その企画第一弾として、弾幕STGの蒼神狂宴歌などの
蒼神シリーズ(作者はSHO Games様)から
マリーちゃんをお借りして作ってます。
ショットは蒼神狂宴歌のA装備とB装備のミックスで
ボムはA装備のマジカルレーザーをアレンジしつつ、
特殊システムは蒼神怨霊殿のヒトダマシステムを秋風にして
使ってます。蒼神シリーズの特殊システムって
霊が大量発生すれば、ヒトダマシステム(怨霊殿)で
寒暖が激しくなれば温度変化のケルビンシステム(白魔伝)といった感じに
異変に合わせて特殊システムを得るイメージがあったので
ヒトダマシステムのまま出すよりは
豊穣の秋にあった雰囲気にちょっとアレンジしておこうかなと
そういう意図があったりします。
レーザーは自キャラとの差別化もこめて貫通にしました。
蒼神シリーズ結構プレイしてきてマリーちゃんは
とりあえず最初によくプレイしてるキャラなので
プレイしてて感慨深いんですよね。

ゲームシステム、主人公によって変わってきます。
アリエスはスコアエクステンド制ですが
マリーは残機の欠片を集める、欠片エクステンド制です。
主人公によって結構プレイ感覚が変わっていくような
そういうゲームにしたいものですね。

それとコラボについて
主人公は少なくてもう一名、お誘いしようかなと思ってて
承諾頂ければ第二弾もやりたいと思ってます。
それ以外に、ある作者さんのゲームを表現した弾幕を
作っていいかとお願いして、承諾頂けたので
そっちはエクストラ的な位置づけで作ろうかと思ってます。
以前より、レビューとかファンアートとかで
そのゲームらしさを表現しようとしてきた私の新しい挑戦が
今回のコラボですね。
他の作者さんの創作を、自分はどう表現するか
そういうのをやってみたかったんですよね。
竜娘ゲーもピスカも、他の作者さん要素を入れられる余地が
全くなかったので、今回存分にやってます。
弾幕STGの次は別ジャンルでもやってみたさが
ありますねー。

そして、またしても頂き物があるので
ここからはそちらの紹介になります。
続きを読む
スポンサーサイト



タイトルの分かりやすさ+頂き物紹介

191013NBA.jpg
台風も過ぎ、だいぶ秋めいた気候になってきました。
このところ、風が涼しくなりましたね。
今作ってるゲームも今くらいにやるのがちょうどいいんだろうなぁと
思いながらも、おそらく出来上がりは春以降です。

なんだかんだ言いながらステージ3もボスに近づいてきたので
ちょっとずつ制作進んでます。
ステージ3まででとりあえず遊べる状態にしたいので
タイトルもちょっと作りはじめました。
いつもはタイトル、公開まで秘密にしていることも
多いのですが、たまにはオープンにしてみるのも
面白いかと。
弾幕豊穣祭と
シンプルかつストレートなタイトルになりましたが
捻ろうかどうしようか少し悩みました。
タイトルは最後までプレイすると
確かにこんな感じだなぁと思えるのが結構好きなんですが
このところは、最初見たときの分かりやすさと伝わりやすさが大事かなと
ファーストインプレッションって誰かに遊んでもらう場合には
大事だと思うんですよ。
中身が全く分からないものになかなか人は手をつけないと思っていて
中身がある程度分かったうえで、興味をもったものに
人は手をつけるんじゃないかなーと
だから、事前にある程度は大まかな内容は
伝わるようにしておきたい。
ここ数年のライトノベルやアニメのタイトル、
長い文章でアピールするものをよく見かけるようになったけど、
あれも「本作の魅力ってこういうものなんです!」ってのを
前面に押し出して、興味を持った人が買っていくっていう
そういう構図があるんじゃないかと。
今の時代は娯楽が膨大にあるので
1つ1つ見てもらうというのが難しくて
読む側、ゲームだったら遊ぶ側も
全部手を付けにくい以上、タイトル見て面白そうなのを選んでいく、
っていう動きに自然となっていく。

だから、誰かにやってもらう目的なら
「やれば面白いのが分かる!」よりも
「やる前から面白そう!」って方が
その目的を達成できると思うんですよね。

うちのゲームも
「見ろ!金が山(ごみ)のようだ!!」とか
「竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!」とか
そういう感じのタイトルの方がDL数やPlay数的に
人気出やすいのかなーと思います。(この2作が
自分のゲームの中でずばぬけて多かったりします)

でも、今回は某ゲームを元にして作ってるので
単純に分かりやすいタイトルになっています。
本作をやる人はこういうタイトルのつけ方の方が
いいんじゃないかなとも思うのです。

タイトル談義はここまで。
続きで頂き物紹介になりますー! 続きを読む

3D演出も3面でさらに強化、そしてやりたい新しい試み+頂き物紹介

190715pisca.png
(※ピスカのほかのイラストはこちらから)
気づいてみれば9月も半ばを過ぎて
8月にブログ7周年迎えてたんですが
イラスト描く余裕もなく。
このイラストも7月かぁと時間の早さを感じています。
ピスカのスムーズスイミングといえば
ダメージを受けたら水着をポロリするゲーム性ということで
一回描いてみたかったんですよね。
イラストでゲームの内容を表現するというの
好きなもので!


さて最近の進捗ですがステージ3のスタート部分作ってます。
ピスカでやってた3D演出をさらに強化した
立体表現に挑戦してます。
敵もちょっと配置したんですが
なかなか弾幕ゲーっぽくなって良い感じになってます。

今後の予定として、ステージ3までできたら
とりあえずタイトル作って、ステージ1~3まで遊べるような形にしたいと思います。
いわゆる体験版を作ろうかなと思ってるんですが
一般公開はせずに、弾幕ゲー好きそうな人に
頼んでテストプレイをちょっとだけやって頂こうかなと考えてます。
制作中はあんまり人に頼らずに活動してきた自分にしては
すごく珍しいことなんです。
でも、前作から続いて今作も異文化コミュニケーション的なテーマがあって
それだったら、ほかの人とも何かやってみたいなぁと
そういう思いがあるんですよね。

ただ、がっつりとした共同制作にするつもりはなくて
部分的に力を借りることはあっても、基本的に作るのは自分という
スタンスでやっていこうかなと。
素材をお借りしたりはしながらも、作れるものは自分で作ってきた
それがJ-trというゲーム制作者なので。
まずはテストプレイかなと。
そこからちょっとプラスアルファくらいで何かやるかもしれません。

さて、今回は頂き物に加えて、面白いものを作って頂いたので
後半はそれの紹介になります。


続きを読む

暑い夏の最中、3D演出な秋の森ステージ作ってます!+頂き物紹介

190707pisca.png
piscabunner.png
(※ピスカのほかのイラストはこちらから)
夏っぽい季節になってきましたね。ということで
夏が近づいてくると描きたくなるのがピスカ。
最近の流行にのって、タピオカチャレンジもやらせてみました。
暑いときに冷たい飲み物って美味しいですよね。

さりげなく竜娘ゲーのローテの麦わら帽子かぶせてみたりもしてます。
ローテはむしろ暑い方が元気になりそうな予感。

うちのゲーム、夏を舞台にしたゲーム多いんですよね。
すれ違うスイヨウビは6月の梅雨、
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!は梅雨明けの7月で
ピスカのスムーズスイミングは8月頃の夏、真っ最中が舞台の
イメージなので、
今の時期遊んでみると季節にあってて風情が感じられるかと
思います。

で、今作ってる弾幕STGはその後の秋が舞台です。

今回も3D背景を頑張ってます。
2Dなのに3Dってのは
2017年のピスカ作ってた頃から掲げてたコンセプトですが
ピスカ、そして竜娘でも少し引き継いで健在です。
そしてどんどん作るたびにプログラムを改良したり
グラフィックを増やしたりで、
どんどん良くなってきてます。
ピスカも竜娘も一部ちょっと3Dみたいなところあったので
今回はもっと増やしたいですね。

190617Tinker.png
今まで過去作のキャラばっかり出してきたんですが
きちんと新キャラも作りました。
スパナを片手に銃器や機械を扱う技師、
ティンカーです。シアよりも小柄なんですが
強力な大型機械を扱う、ギャップが特徴的なキャラです。
武器は銃器にしようと思って
最初はマシンガンだったんですけど、
見栄え的な関係でガトリング銃に変更。
弾幕STGだけあって、本当に弾幕撃ちそうなキャラを
出してみたくなったんですよね。
今作のアイドル枠というと、次は門番が来そうですね。

さて、頂き物が今回3枚もありまして、
続きで紹介していきたいと思います。
続きを読む

竜娘ゲーブラウザゲーム金賞!+ver1.07更新でローテの食道が描写!

cdhbunner.png
https://www.freem.ne.jp/win/game/19246
ちょいと先日の話になりますが。
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!
ふりーむ第14回ゲームコンテスト
https://www.freem.ne.jp/contest/fgc/14
ブラウザゲーム部門金賞 受賞しました!!

190608cdh03.jpg
ふりーむコンテストはMegamageが審査員特別賞で
とつげき少女の恋戦記!が健闘賞で
何かしらの部門での受賞は今までなかったので
素直に嬉しいものです。

今作ってる弾幕STGを去年中に完成させて
ふりーむコンテストに出して
竜娘ゲーは別のところに出そうかとも思っていたのですが
竜娘ゲーで手一杯だったので、そのまま出して
今回、初ブラウザ、初SLGという挑戦で
新しいこといっぱいやってて
普段のジャンルと違うのでどうだろうなぁと
(自分はACT系がメインジャンルです)
内心不安もあったのですが、杞憂でした。
PlayDL数も6000そろそろこえるところまで行って
自分のゲームでここまで遊ばれているのも嬉しいことです!
遊んでくれた方応援してくれた方、本当にありがとうございました。

これでふりーむコンテストが最後というのは寂しいものが
あるんですよね……。ゲームとして純粋に評価される余地があって
個人製作者にとっては
今、一番ありがたいコンテストだったと思うんですよね。
それゆえに参加作品も多くて裏では大変だったと思います。
自分はレビュアーでもあるので、400~500ほど全作品に
きちんとプレイして一言でもコメント残すって大変だと思うんですよね。
ふりーむさん、本当に14年間お疲れ様でした。

次回くらいに弾幕STGを出してSTG部門賞を狙えば
部門賞入れるかなと思ってたら、思った以上に竜娘が頑張ったんですよね。
最終回で金賞を決めてくる彼女はドラゴンの意地を見せたなぁと
思わずにいられません。
シアの2ボスだった頃の彼女を知ってて本作をやると
「こんな可愛い子だったとは」と思うんですが
「こんな凄い子だったとは」と認識を改めてるところです。

そして先日、受賞の賞品が届きました。ふりーむさんより竜娘ゲー受賞いろいろ
図書カードにポストカードに、ポップな賞状、
あとローテが描かれてる手書きのメッセージカードが
入ってて、このメッセージカード嬉しいんですよね。
ふりーむさんより竜娘ゲーピザ
そして、金賞にはピザ!
ドミノピザで超人気と言われている
クワトロ・ジャイアント(M)です。
炭火焼テリチキ、ドミノ・デラックス、マヨじゃが、ガーリックマスターの
4種×2ピースのピザでドミノピザ初めて食べたのですが
なかなか美味しかったです。
ドミノピザで一番美味しいピザにしてくれというと
出てくるとかいう噂があるようで。

食べ物が届いたんならローテちゃんにもあげないと・・・。
190604rote.png
そんなノリで受賞イラストも描きました。
金賞ということで金貨の山に鎮座するローテ。
ドラゴンだからこういうイラストが様になるんですよね。
先端のチーズを舌に絡ませてから
舌だけを器用に動かしてチーズを引っ張ってピザ本体を口の中に
引きずり込んで食べそう。
もちろんピザ一枚では彼女は満足するはずもなく
目はすでに次の獲物を見つけてて
足を向けて逃げるんじゃないわよってやってるようにも。
足裏を描いてみたかったんですよね。
ローテにとっては大きなピザでも食前の胃袋をほぐしておくための
ウォーミングアップにすぎないかもしれない説。

(※ローテのほかのイラストはこちらから)


そして、受賞記念も兼ねて
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!
Ver1.07に更新しました!
プレイは↓から!
cdhbunner.png
https://www.freem.ne.jp/win/game/19246
190608cdh01.jpg
最終日のイベントである程度好感度が高いときに
出てくる選択肢なんですが
ここで「グロは平気orだいじょうぶ」の選択をすると
ローテに食べられるときに口内のグラが表示されるように
なるんですよね。(苦手なら上の二つを選ぶとテキストだけになる)
190608cdh02.jpg
今までのバージョン(1.06まで)だとここからどちらもテキストだけに
なるのですが、1.07ではこういう描写もあります。
しかも、会話中ずっと動いてます!
本作プレイして、食べられたいとか呑まれたいとか
そういう需要が思った以上にあったので
よし!やろう!みたいなノリで更新しました!

ああ、この竜娘、色んな人間をここで呑みこんできたんだなぁと
恐れるのもよし、悶えるもよし!

ちなみに「舌をよじ登ってみる」を選んで
「振り落とされないように しがみつく」
面白いものが見れたり……。
ヌルヌルとか熱い吐息を感じたい人向け。

あと、一枚描いたイラストがあるのですが
それは続きに書きますー。 続きを読む

自機の個性の出る弾幕STG制作中!

進捗としてはもう一か月以上前のものですが
今作ってるゲームがどんなのか伝わりやすいのは
この動画かなーと思ったので
ブログにも掲載します。
ここにダメージ演出とか、弾とかも
ちょっとずつ変えてたりします。

というわけで次回作は弾幕STGになります。
基本は、最近は新作も出るという有名な某プロジェクト風ですが
システム面でちょろちょろと自分の色を出してたりします。

STGなので、ACTジャンルに近い作りになりそうですが
今回はキャラによって
いろんな遊び方ができるゲームにしたいなぁと思ってます。
190528nba2.jpg
例えば、アリエスでプレイすると
パワーアイテム、ボムアイテムがない代わりに
グレイズ、弾幕にかすることで
パワーを稼いで、パワー消費でボムを使えるシステムになったり。

190528nba3.jpg
エチルでプレイすると一部の敵を倒すと
武器チェンジアイテムが出て
ショットとボムが変更されたり。
(パワーも少し増える。同じアイテムをとると一段階パワーアップ)

などなど自機ごとにゲーム性が変わって
別のプレイができるといいなとか思ってます。
自機の個性を出そう!みたいなのがテーマかもしれません。
操作キャラが選べるゲームって
今回初めてなので、これ以外にも
面白い要素詰めていきたいところです。

それと1面ボスも作ってて
実は自機によってボスで出るキャラが変わります。

続きを読む

Clickteam Fusion 2.5+(plus)を導入して新作制作開始!+頂き物紹介!

190405NBA.png
4月ですねー。春っぽい季節になってきました!
新作ですが、2月のはじめくらいから立ち絵描きはじめて、ちょっとずつ
進めてます! 次回作ですが上の立ち絵から分かる通り、
左:シアシアのしゅうかくアクション
中央:アリエス行列のできるオタマジャクシとつげき少女の恋戦記!
右:エチルWoMMageMegaMage ~迫られる決断~
と、J-trゲーのヒロインがそろったゲームになります。
過去作のキャラを今の描き方でアレンジしての再登場で
次回作はお祭り的なノリになります。

そして、今月のはじめ、Clickteam Fusion 2.5+(plus)という
CF2.5の追加DLコンテンツが
英語版の公式サイトSteamで販売開始されまして
さっそく買ってCF2.5に導入しました!
(もし買う場合は
DL版のCF2.5で使うなら英語版公式サイトから、
Steam版のCF2.5で使うならSteamから
買うようにしてください。
公式の文言見るとSteam版とそれ以外は
別物で導入できないようです。
英語版公式サイトで買えるものは日本語版に現状対応していませんが
開発者のコミュニティから日本語化txtが配布されており
また、アップデートで対応予定もあるようです)

CF2.5の機能を拡張するコンテンツなのですがざっと触ってみた感じでは

・新機能「最適化」によって、処理を軽くできる。

・「プロファイラ」によってイベントの行の実行時間を 分析できる。

・名前を付けられる変数がA~Zまでだったのが
AA~IZと10倍に増加。

・オブジェクトグループ(プレイヤー、弾など)の
画像や名称を変更できる。

・イベントに親子関係を持たせられる。
(親イベントの条件を満たさないと、子イベントは 実行されない。
つまり、共通する条件(例えば、高速ループ実行中)を
親イベントにすると、
子イベントの条件を少なくまとめられ、見やすくできる)

・グローバルイベントをイベントリストで表示できる。
(従来はイベントエディタのみ。イベントエディタとイベントリストを
切り替えるボタンでできる)

・フレームの途中からアプリ全体のテストプレイができる。

・「すべて検索」によってフレーム内、アプリ全体で使用されている
オブジェクトを様々な条件で検索でき、
どこで使用されているかが分かる。

・デバッガが二窓になって、下のデバッガに
任意の文字列を出力できるイベントが組める。

等々、全体的に開発をする人にとって見やすくする、
整理しやすくするUIの向上機能と、
ゲーム自体の軽量化がメインな印象です。

新作は行列オタマ以上に数多くのオブジェクトとループを使うゲームに
なる予定なので、重くなるんじゃないかなという懸念があるので
このプラスで軽量化して快適なゲームにしたいものですね。

今週はなんと3枚もファンアートを頂いたので
後半はそれの紹介になります!

続きを読む

竜娘ゲーVer1.06更新!立ち絵ギャラリー実装!+頂き物紹介!

cdhbunner.png
https://www.freem.ne.jp/win/game/19246
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!
Ver1.06にアップデートしました!
更新内容は悪人度の上昇値を倍にしたのと、
立ち絵ギャラリーの追加になります。
19032501cdh.jpg
タイトルに戻るの横で
スチルと一枚絵の切り替えできます。
19032502cdh.jpg
拡大縮小、上下左右移動、表情ポーズ変更などができて
おなかのドアップとかもできちゃいます。
もちろん、本作で出会ったキャラは見られるようになるので
ローテ以外のサブキャラもじっくり見られます。

あと、ちょろちょろとリドミにヒント追加してたりします。
「恋愛度は10以上、特殊パラメータは6以上で
エンド分岐する」と書いたり、
後は覚えとくと便利そうなことを
リドミじゃなくて2周目のプレイ開始時に表示したりもしてます。
全体的に遊びやすくするための更新です。

2枚ほど頂いたファンアートがあるので
後半はそれの紹介になりますー!
続きを読む

竜娘ゲーVer1.05更新!雪中のバレンタインに頂き物紹介!

1902014rote01.png
(※ローテのほかのイラストはこちらから)
ホワイトデーも近い時期なのですが、バレンタインに描いたイラストに
なります。
雪の中、たまたま持っていたチョコをくれたローテ。
たまたまっていう割にはしっかり作ってて
ペロペロ味見したりしてて可愛い一枚!
ローテっていうと、舌づかいをどううまく描くかみたいな
こと考えながらよく描いてます。
こんな態度取りながらもシッポでこっそりハート描いてるのが
また可愛いところ。ローテはシッポに本音が出やすい娘な
気がしますね。
あと、制服着てるのは人魚のピスカの入れ知恵とかこっそり思ってます。
こうしたほうが可愛いとか、コーディネートするの好きそう。
ピスカは仕立屋さんだからね。
ピスカのおかげでウチのゲームの女の子たち、
ちょっとはオシャレになっていってるようにも思います。

cdhbunner.png
https://www.freem.ne.jp/win/game/19246
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!
Ver1.05にアップデートしました!
内容としては細かいバグ修正になります。
Day2昼に逃げるルートに行くと、Day2夜の性別選択が
セーブデータに反映されないバグを修正しました。
あと、ふりーむコンテストにも出していて、今回は投票の代わりに
ふりーむのアカウントでログインした状態で
左上の顔アイコンを押すことで送れる「いいね」と
ゲームに感想を送る「レビュー」で何やら決まる賞があるそうなので
竜娘ゲー、気に入って頂けたら「いいね」押して頂けると
嬉しいです!

2枚ほどファンアートを頂いたので、
続きはこれの紹介になりますー!
続きを読む

竜娘ゲーVer1.04更新!女性結婚エンド内容変更!と頂き物紹介!

190123rote02.png
(※ローテのほかのイラストはこちらから)
今週描いたイラストになります。漫画的なものにまた挑戦しました。
竜娘ローテが人魚のピスカをさらっていったと思いきや、
実はピスカがさらわれてみたかったとお願いして
やってもらったことだったという。
ローテちゃん、空の上で照れてます。
ピスカをペロペロするのはちょこっと
そんなことしていいのかな的な恥じらいがあったのだとか。
力関係的にはピスカの方が強そうな気がする。
街で住むところとか準備したのピスカだろうし。

元々は、ピスカちゃんがローテと空飛んでるのを楽しむという
イラストで描きはじめたのですが、
気づいたらこういう感じのストーリーになりました。
190126cdh01.png
竜娘(かのじょ)はキミをムシャムシャしたいっ!
Ver1.04にアップデートしました!
女性主人公の場合の恋愛エンドを変更しました。
プレイは↓からブラウザでできます!
cdhbunner.png
https://www.freem.ne.jp/win/game/19246
エンド番号で最後のヤツです。
名称も登場キャラも内容も変わったので
フラグ自体も立て直しになりました。
内容は「ローテの出自とかフクザツな家庭環境等」
ローテとの会話に伏線で出てた要素の回収ですね。
恋愛エンド、全体的にほかのエンドで出てきた要素が
回収されるような話なので、最後の方に見て欲しい
(だからちょっと難しめ)
という意図があります。

キャロ姉出したかったというのもあるんだけどね。
本作、考えようによっては彼女の
ドラゴン一族の掘り下げでもあるので
出さずには終われなかった面もあります。

当初の計画だと、彼女の話題がどのくらい出たかで
恋愛エンドの登場人物が変わるとかもやろうかと思ったのですが
男性と女性でエンドリストわざわざ別にしてるのに
ほぼ同じ内容なのはどうなんだ、と自分でも思ったので
こういう形式にしました。
こうしたことでエンディングとしては
男性編は立ち向かう流れに、女性編は受け入れる流れに
なったので、良い感じに分岐したんじゃないでしょうかと
個人的に満足してます。

非常にありがたいことにこのゲーム、今週ファンアートを
何枚も頂けたので、続きで紹介します! 続きを読む